緑の少年団が街頭活動

買い物客らに募金を呼びかける緑の少年団

 須賀川市緑化推進委員会と須賀川市の「緑の募金街頭募金」は18日、市役所「光の広場」で出発式のあと、ヨークベニマルメガステージ須賀川南店とイオンタウン須賀川ザ・ビッグ須賀川店の2カ所で行われた。
 緑の募金を通じて、市民の緑化に対する理解と認識を高め、地域の緑化運動の推進を図るとともに、テーマの「続けよう植えて育てて緑の輪」にのっとって、16日から5月31日まで運動を展開する。
 出発式には角田良一市農政課長があいさつし、担当職員が実施内容を説明した。
 街頭募金には緑の少年団の西袋二小の佐浦楓香さん(6年)片貝斗真君(同)樽川弘輝君(同)と菅家倫子教諭と市職員2人がイオンタウンに、大森小の矢吹悠人君(6年)、木村悠玖君(同)、若松蓮君(同)と渡部仁史教諭と市職員3人がメガステージに、分かれて活動を展開した。
 募金者には緑の羽根、花の種子、バンソウコウ、花のポット苗などを配布しながら「緑の募金よろしくお願いします」と買い物客らに呼びかけた。