若者でにぎわうRojima

防災広場も会場となった第39回Rojima

 須賀川の路地deマーケット「第39回Rojima」は14日、馬町・本町エリアに126ブース(新規13ブース)が出店して開かれ、まちなかが花見シーズンで盛り上がる中、多くの来場者でにぎわった。
 今回は新しく市庁舎1階みんなのスクエアと西隣の防災広場も新しく出店会場に加わり、毎回人気のRojimaに新しい魅力が加わった。
 お昼時にもなると飲食店を中心に長蛇の列が出来上がり、咲き競う花と食べ歩きを楽しむ若者たちが多かった。
 次回の第40回Rojimaは5月12日午前10時から開く予定である。