岩崎山史跡公園シダレザクラ満開

満開の見頃を迎えた岩崎山史跡公園のシダレザクラ

 長沼観光物産振興協会「ながぬまさくら紀行スタンプラリー」対象の岩崎山史跡公園のシダレザクラが満開の見頃を迎え、ソメイヨシノは咲き始めた。
 同公園は鎌倉時代から岩崎山地内の霊地として多くの供養塔が建てられ、丘陵地全体が城址となっている。歴史を感じられ、サクラの名所、フォトコンテストの題材として人気を集めている。
 9日現在でスタンプ対象の横田陣屋御殿桜は満開、護真寺のサクラと古館のサクラは8分咲き、長楽寺のサクラは5分咲き、永泉寺のシダレザクラは3分咲き、兎内のサクラ、長沼城址の桜は咲き始め、藤沼湖のサクラはつぼみが膨らんできた。
同協会は5月7日まで「ながぬまさくらフォトコンテスト」の作品を募集している。スタンプ対象のサクラを撮影したもの。応募サイズはカラー4つ切り・ワイド4つ切りのプリント単写真とし、フィルム・デジタル問わず未応募・未発表のもの限定。1人3点まで。
 優秀作品には賞状と特産品の詰め合わせなどが贈られる。入賞作品は宣伝広告などで使用する。
 申し込み・問い合わせは同協会(℡67―2111)まで。