市嘱託員116人に委嘱状交付式

橋本市長から辞令を受ける小針さん

 須賀川市嘱託員委嘱状交付式は6日、市役所で行われ、嘱託員116人を代表して小針一夫さん(畑田区長)に橋本克也市長から委嘱状が手渡された。
 橋本市長は「昨年4月からあらゆる人に選ばれるまちを目指し、第8次総合計画をスタートさせ、市民の皆さんに誇りと愛着を持ってもらえるまちづくりを目指しております。地域に根差した自治会活動を通して市民との協働のまちづくりへご尽力下さい」とあいさつした。
 嘱託員は市民と行政をつなぐ架け橋としての役割が求められており、市嘱託員業務、日本赤十字社社資募集、民生・児童委員一斉改選に係る推薦、自主防災組織、防犯灯新設、ゴールデンウイーク中のゴミ収集のお知らせなど担当職員から説明を受けた。