牡丹キャンペーンクルーの活動スタート

須賀川の魅力を笑顔で紹介する小野寺さん、平山さん、吉田さん(左から)

 須賀川市の観光や特産品などを笑顔とともに情報発信する“須賀川観光の花”牡丹キャンペーンクルーの小野寺里佳子さん(24)、平山百華さん(20)、吉田紅亜さん(18)は4日、市内関係機関や報道各社を訪問し、今年度の活動をスタートした。
 新クルーの3人は美しい立ち居振る舞いや笑顔のつくり方、須賀川の文化や歴史など厳しい事前研修を受け活動初日を迎えた。
 仕事始めとなった4日は牡丹色のワンピースタイプの制服に身を包んだ3人は、やや緊張しながらも精いっぱいの笑顔で初めての任務にあたった。
 午前中は報道機関各社や牡丹園保勝会、商工会議所、商工会など、午後からは須賀川署や市議会正副議長、市長らを表敬訪問した。
 このうち阿武隈時報社では3人が笑顔で自己紹介をし、発祥250年を迎えた国指定名勝・須賀川牡丹園、釈迦堂川花火大会、長沼まつり、昨年歳時記収載された松明あかしなどのほか、今年から新たに市民交流センターや円谷英二ミュージアムなどを盛り込んだ口上を述べ、「これからもウルトラヒーローたちとの様々な取り組みによって全国の皆様に魅力を発信してまいります。豊かな自然と今なお、先人たちが育んだ歴史や文化が輝くまち須賀川にぜひ、お越しくださいませ」と締めくくった。
 今後は県知事訪問や姉妹都市での観光・物販イベント、19日に有料開園する牡丹園での観光客案内などで、とびきりの笑顔とともに須賀川をPRしていく。