小中学生が謎解きゲームに挑戦

ボータンと記念撮影する子どもたち

 須賀川市民交流センターtetteの「tette探検隊ボータンからの招待状」は3日、小中学生25人が参加して同館で開かれた。
 館内1、2階に隠されたtetteに関係する謎を探し出し、解き明かすとボータンからのメッセージがわかるという謎解きゲームに挑戦した。
 参加者たちは友人と協力しながら、たいまつホールやこどもライブラリー、わいわいパークなど隅々まで見て回り、見つけた謎の答えを一つ一つ導き出していった。
 全員が謎を解き、でんぜんホールに集まると、サプライズでボータンが登場、子どもたちは抱きついてはしゃいでいた。
 ボータンは「みんなが笑顔で楽しめるようにクイズを作りました。これからもtetteで仲良く遊んでください」と話し、全員で記念撮影した。
 同イベントは中央公民館閉館時に開いた「ボータンからの挑戦状」の続編。次回は冬頃に予定している。