須賀川JCわんぱくキャンプで交流

スキー体験を楽しむ子どもたち

 須賀川市・神奈川県座間市・沖縄県の子どもたちが雪遊びを通して交流する、須賀川青年会議所の「わんぱくキャンプ2019冬」は26日まで、グランディ羽鳥湖スキーリゾートで行われた。
 須賀川市と友好関係にある神奈川県座間市と沖縄県の子どもたちを夏・冬の年2回迎え、都市間交流を深めながら友情を育む取り組み。
 24日から26日まで2泊3日の活動には小学生68人が参加し、スキー体験や雪上運動会、それぞれの故郷の魅力などを紹介する文化交流会を通して楽しく過ごした。沖縄の子どもたちは伝統舞踊のエイサーを披露した。
 また座間市と沖縄県からの子どもたちは23日に須賀川入りし、会議所メンバー宅で民泊体験した。