1日から「須賀川さくらまつり」

釈迦堂川サクラ並木に提灯を設置

 4月1日から21日まで開催する「須賀川さくらまつり」に向けて、釈迦堂川ふれあいロード河川敷と下の川沿いのサクラ並木に夜桜ライトアップ用の提灯が設置された。開花時期に合わせて午後6時から9時頃まで点灯する。
 今年の須賀川さくらまつりは釈迦堂川350本、下の川180本のサクラ並木を会場に、翠ケ丘公園芝生広場には新コーナー「さくらマルシェ」を開設してにぎやかに開かれる。
 春の陽気に誘われサクラ並木のつぼみも徐々に色付き始めており、4月3日頃の開花を予想する気象予報もある。
 釈迦堂川サクラ並木の提灯設置は27日にも終了見込みで廣田電器のスタッフが春の風を受けながら700個を超える提灯を取り付けた。
 なお、さくらまつり実行委員会は市内名所をまとめたガイドブック「須賀川さくらさんぽ」のほか、観光協会や市ホームページ、SNSなどで情報発信に努める。ハッシュタグ「#須賀川桜2019」を活用したインスタグラム発信も呼びかけている。