牡丹キャンペーンクルーが任期満了報告

活動終了を報告した渡邉さん、小沼さん、遠藤さん(左から)

 今年度牡丹キャンペーンクルーを務めた、遠藤愛実さん、小沼栄里奈さん、渡邉美咲さんは25日、市役所で橋本克也市長に任期満了を報告した。遠藤さんは「座間市や北海道長沼町など色々な場所に行き、この経験をこれからの人生に役立てていければと思います」と笑顔であいさつした。
 牡丹キャンペーンクルーは市内各イベントでのPRをはじめ、首都圏や友好都市での観光キャンペーン・物販などに参加し、多くの観光客や参加者から好評を集めている。
 今年度も都市間交流や企業訪問なども含めて延べ40回にわたり活動し、笑顔とともに須賀川を広く情報発信した。
 橋本市長は「1年間お疲れさまでした。すばらしい笑顔で活動してくれました。せっかく覚えた須賀川PRの口上を、ぜひ使ってください」とあいさつした。
 クルーの小沼さんは「須賀川の魅力を再確認できた1年でした。職場の協力もあり人の温かさも実感できました」、渡邉さんは「福島空港を利用される方にも須賀川の魅力を発信出来ればと思います」と感想を話した。
 今年度クルーの3人は4月以降1年間、協力員として次期クルーの活動をサポートする。
 来年度の牡丹キャンペーンクルーは小野寺里佳子さん、平山百華さん、吉田紅亜さんが務め、4月4日に橋本市長のほか、阿武隈時報社など市内関係機関を表敬訪問して活動をスタートする。