サポセン「クラウドファンディング講座」

クラウドファンディングについて解説する吉田代表

 須賀川市民活動サポートセンターの講座「はじめてのクラウドファンディング」の第1回は23日、市民交流センターtette5階ルームで開かれ、資金調達の新たな道を考えた。
 インターネットを通して資金などを調達するクラウドファンディングの概要からプロジェクトの作り方、活用の仕方などを講習する全3回の講座。
 宮先町地内でWebサイト制作やクラウドファンディング事業など展開するREVOLの吉田有希代表取締役を講師に招き、第1回は「クラウドファンディングとは」をテーマに制度の概要や活用の方法を解説した。
 ゲストの市民団体kokoyoriの熊田ひろみ代表が体験談として、同団体が昨年実施したプロジェクトを話した。昨年6、7月に拠点である八幡町のkokoyoriハウスに子どもたちのためのエアコンを設置するため、クラウドファンディングで資金を募り、21万3000円を集めた。
 支援の輪を広げていくために行った方法などを説明し、受講生たちは熱心にメモを取っていた。
 次回からの参加も可能で、第2回「プロジェクトを考えよう」は4月27日、第3回「プロジェクトを公開してみよう」は6月1日、午前10時から開く。
 申し込み・問い合わせは同センター(℡73―4407)まで。