2日間で火災5件、注意呼びかけ

 須賀川市内で20、21の2日間だけで火災が5件発生し、須賀川地方広域消防組合は注意を呼びかけている。
 出火原因は、屋外でのたき火やゴミの焼却によるものが多い。屋外での焼却行為は一部の例外を除き法律で禁止されているが、農業や林業のためにやむを得ず焼却する場合は必ず消防署へ届け出る。火を付ける際には消火器や水バケツを準備しその場を離れない。強風時は避け、風向きや時間帯を考慮し周辺住民に配慮する。
 須賀川消防署では、特に発生件数が多い土日、祝日に重点的な防火巡回を実施し、防火意識高揚を図っている。