新入学児童に「無事帰る」願うマスコット

新入学児童の安全を願いマスコットを振り分ける会員たち

 須賀川市交通安全母の会(斎藤知子会長)は22日、役員ら7人が参加して市役所で、新入学児童を交通事故から守り各家庭に「無事帰る」の願いを込めて手作りしたカエルマスコット人形を学校ごとに振り分けた。
 新入学児童へのマスコットプレゼントは今年で25年目。昨年11月から母の会会員が手分けしてフェルトで手作りしたもので、今年も約1000個のカエルマスコットが完成した。
 今年1月の交通3団体合同の安全祈願祭で無事故の願いが改めて神職から込められ、4月8日に行われる市内全16小学校の新入学児童全員にプレゼントされる。
 また今年も須賀川市のマスコット「ボータン」をデザインした黄色いランドセルカバーを贈る。