消防活動にドローン活用で協力協定

ドローン事業所と協定を結ぶ須賀川消防本部

 須賀川地方広域消防本部は19日、「ドローンに係る連携協力に関する協定」締結式を同本部で行った。
 二瓶喜真消防長が「上空からの災害映像、軽量機材の運搬、赤外線カメラでの捜索により、隊員の負担軽減にもつながる。消防力向上のために有効的に活用していきたい」とあいさつした。
 ドローンの専門事業所スペースワン(郡山市)の小林康宏代表取締役、アルサ(同)の鹿又将征代表取締役は「密接に連携し消防活動に尽力していきたい」と話した。
 協定により連携協力する内容は、災害時の情報収集活動、ドローンによる新たな消防活動の研究、ドローンの整備や操作に伴う人材の育成に関すること。
 近年は災害が大規模多様化しているため、消防活動における情報収集活動が重要となっている。サーモグラフィーカメラなどを搭載した高性能ドローンを使用することで、災害現場上空からの状況や消防隊員の活動状況把握、離れた場所にいる要救助者との意思疎通や水難事故時の救命胴衣や浮き輪の搬送、水中ドローンによる捜索、山林火災の延焼状況確認など効果的に活用していく。