管内5高校で910人にサクラ咲く

友人同士で番号を確認し合う受験生

 県立高校Ⅱ期選抜試験の合格発表が14日正午過ぎから各校で行われ、家族や友人同士で喜びを分かち合う姿が見られた。須賀川・岩瀬地方5校(須賀川、須賀川桐陽、清陵情報、長沼、岩瀬農業)では、Ⅰ期選抜合格内定者とあわせて、15学科で計910人の合格を発表した。
 今年は管内5校をⅠ期選抜で445人が合格し、Ⅱ期選抜定員595人に対し、516人の受験生が挑んだ。
 各校には発表時間前から多くの受験生や保護者らが集まり、期待と不安が入り混じる表情で発表までの時間を過ごしていた。
 正午となり結果が張り出されると、受験生たちは自分の番号を見つけ出し、昨晩の雪を溶かすような満面の笑みを浮かべ、友人同士で歓声を上げ、これまでの努力をたたえ合う姿も見られた。
 またスマートフォンで合格を報告する受験生や保護者もおり、高校の先輩たちから祝福と歓迎の言葉とともに部活勧誘のチラシを渡される一幕もあった。
 なおⅡ期選抜合格発表で定員に満たなかった学科では、Ⅲ期選抜試験を行う。15日から18日まで出願書類を受け付け、19日に出願先変更、22日に面接等試験などを行い、25日に合格者を発表する。
 須賀川・岩瀬地方5校の合格者数は次の通り(カッコ内はⅢ期選抜定員)。
◇須賀川▽普通科=152人(8人)▽オフィス情報科=34人(6人)
◇須賀川桐陽▽普通科=200人▽数理科学科=20人(20人)
◇清陵情報▽情報電子科=73人(7人)▽電子機械科=78人(2人)▽情報処理科=80人▽情報会計科=40人
◇長沼▽普通科=28人(52人)◇岩瀬農業▽ヒューマンビジネス科=34人(6人)▽生物生産科=30人(10人)▽園芸科学=34人(6人)▽環境工学科=37人(3人)▽食品科学科=33人(7人)▽アグリビジネス科=37人(3人)