23日から中学生の県外研修

自己紹介し意気ごみなどを発表する中学生たち

 須賀川市内の中学1、2年生20人が友好都市神奈川県座間市のジュニアリーダーズクラブの中高生と交流を深める、青少年人材育成中学生ジュニアボランティア県外研修事業事前研修会は13日、市役所で開かれ、日程や当日の役割分担などを確認した。
 各校や公民館事業などでボランティア活動している中学生を派遣し、体験的な学習を通して将来的に地元に貢献できる人材育成を図るもので、子どもたちの健全育成を願う故安藤ツヤさんの寄付を基に設立した基金で平成23年から座間市との交流を継続している。
 今年度は23日に須賀川市役所を出発し25日までの日程で、座間市ジュニアリーダーズクラブとの交流、神奈川県や東京都の施設見学・体験などを行う。座間市メンバーと班活動やふるさと学習も予定している。23日は午前8時半から市役所で出発式を行う。
 事前研修会で森合義衛教育長は「皆さんの若いみずみずしい感性で多くのことを学んできてください。今回の出会いを大切に、成長の一助としてくれるよう願っています。各校の代表として積極的に活動し、思い出多く楽しい研修となることを期待します」とあいさつし、参加者一人ひとりが自己紹介して意気込みなどを発表した。
 参加メンバーは次の通り。
▽須賀川一=水野谷輝、松川菜摘(2年)▽須賀川二=小板橋颯太、小橋夢冬(2年)▽須賀川三=増子諒、戸梶璃音(1年)▽西袋=大和田麗、鈴木菜々美(2年)▽小中一貫校稲田学園=倉持音々、三本松真琴(8年)▽小塩江=佐久間康平、折笠文哉(2年)▽仁井田=鈴木美優、相原彩乃(1年)▽大東=山田陽菜、溝井菜月(2年)▽長沼=植野乃愛、江連りの(2年)▽岩瀬=五十嵐裕紀、渡辺智(2年)