19日にドローン連携協力協定締結式

 須賀川地方広域消防本部は19日午前10時から、ドローンに係る連携協力に関する協定締結式を同本部で行う。
 災害が大規模多様化しているため、消防活動における情報収集活動が重要となっている。ドローンによる災害現場上空からの状況や消防隊員の活動状況などを把握するのに有効であり、軽量の資材を運搬できるものやサーモグラフィーカメラを搭載したものなど日々進化している。
 離れた場所にいる要救助者との意思疎通や水難事故時の救命胴衣や浮き輪の搬送、水中ドローンによる捜索、山林火災の延焼状況確認などの活用を想定している。
 災害現場でのドローン運用については災害の種類、規模に応じた専門的な知識、機体が必要なため、専門事業所のスペースワン(郡山市)、アルサ(同)と協定を締結し、災害対応に万全を期する。
 締結式には二瓶喜真消防長、会田政男消防署長、小林康宏スペースワン代表取締役、鹿又将征アルサ代表取締役らが出席する。