高卒者就職内定率は98・4%

 須賀川公共職業安定所は管内の今春新規学校卒業者の1月末現在職業紹介状況の速報値をまとめた。高校卒業者の就職内定率は98・4%で、前月比2・1%増、前年同月比1・6ポイント減となった。
 同所管内の高校卒業予定者1413人(男807人、女606人)のうち、就職希望者は前年同月比0・4ポイント増の491人(男305人、女186人)。
 内訳は県内が前月と同じく400人(男250人、女150人)、県外が前月から1人減り91人(男55人、女36人)となり、県内比率は81・3%で前年より1・9%ポイント減った。
 求人数は前月と同じく757件。求人倍率は前年同月比0・29ポイント増の1・54倍。
 9月16日の選考開始から1月末現在、就職希望者のうち483人(男300人、女183人)が内定している。
 内定者の内訳は県内が前年同月比3・7ポイント減の392人(男245人、女147人)、県外は前年同月比11・0ポイント増の91人(男55人、女36人)。県内の就職内定率は98・4%(男女とも同じ)、県外は100%。
 未内定者数は8人(男5人、女3人)で、全員が県内就職を希望している。
 職業安定所では、未内定者の個別相談に応じながら100%達成を目指している。