園児たちに防火寸劇披露

とらじろうと署員の防火寸劇を楽しむ園児たち

 須賀川消防署(会田政男署長)は4日、春季全国火災予防運動の一環として「とらじろうの防火教室」をこども園オリーブの木と仁井田幼稚園で開いた。
 毎年市内2カ所で実施し、子どもたちに火遊びしないことなど呼びかけている。
 仁井田幼稚園では「とらじろうのはじめてのお留守番」をテーマに須賀川消防本部のマスコットキャラクター「とらじろう」と署員が寸劇を披露した。とらじろうが一人で留守番中に友達を家に誘い、ライターなどいたずらしたら火の怪人が現れ、レスキューファイターに助けてもらうというもの。
 園児たちは寸劇を楽しみながら、ストーブや電気コード、ライターなど家の中に火事を起こしてしまう原因などを学び、「火遊びは絶対にしない」と、とらじろうと約束した。