21日に中世の南奥羽を見る講演会

 須賀川市歴史文化基本構想策定事業第5回講演会「中世の南奥羽を見る―南北朝・室町時代の須賀川」は、21日午後2時から市民交流センターtetteで開かれる。11日から参加申し込みを受け付け、定員100人になり次第締め切る。
 講師に市歴史文化基本構想策定委員会委員長の伊藤喜良福島大名誉教授を迎える。
 今から約600年前から700年前頃の南北朝・室町時代、須賀川は宇津峰に南朝の重要な拠点として、後醍醐天皇の孫にあたる守永親王が居城するなど東北地方の一大拠点となっていた。
 講演会ではなぜ須賀川の地にこれらの拠点が置かれたか、歴史・文化の特性を交えながら分かりやすく紹介する。
 参加無料。問い合わせは市文化振興課(℡88―9172)まで。