23日にプログラミング体験

 須賀川市民交流センターtetteスクール事業「須賀川からグローバルへ グローバルから須賀川へ」は23日午前9時45分から開講する。参加無料。
 小学3年生から6年生対象の「プログラミングでLEDアニメーションを作ってみよう!」は、手のひらサイズのマイクロビットを使い、色々なセンサーなどを連動させてコンピューターの使い方やプログラミングを楽しむ。
 午前10時15分からは一般向けの「未来の須賀川を担う人材をどう育てるか」をテーマにしたパネルディスカッション。パネリストに森雅子参議院議員と須賀川出身で観光牡丹大使の小出伸一セールスフォース・ドットコム代表取締役会長兼社長を迎え、2人の体験談やふるさとへの思いを聞く。
 申し込みは15日まで。問い合わせは市民交流センター(℡73―4407)まで。