ONSEN・ガストロノミーに300人

 須賀川の入浴施設や歴史と文化、観光の魅力を存分に楽しむ「ONSEN・ガストロノミーウオーキングinすかがわ&福島空港」は3月3日、市内外から300人が参加して開かれる。空港でのオープニングイベントに続き、バスで翠ケ丘公園まで移動してまちなかを歩いて散策する。
 温泉に食や文化など地域の魅力とウオーキングを組み合わせたイベントで須賀川市では初めてとなる。
 翠ケ丘公園を出発し、市役所や市民交流センターtette、須賀川駅、釈迦堂川河川敷(暖気亭そば)、はたけんぼの7つのチェックポイントを巡る約6㌔のコースを歩く。
 松明あかし会場の五老山(翠ケ丘公園)でイカ人参や地元日本酒、市役所で千成だんご、tetteですかがわシチューやウルトラマンパン、須賀川駅で長沼そば、釈迦堂川河川敷で牡丹コロッケ、はたけんぼで地元野菜たっぷりトン汁などが振る舞われる。
 このほか市内まちなかを中心に、すかがわ商店街「雛の笑顔に会えるまち」、市役所で鍾馗様の「絵のぼり制作」、tetteで「つるし雛制作体験」や「メディア芸術祭須賀川展」の見学・体験も行う。
 参加者は午前9時半、午前10時、午前10時半、午前11時の4班に分かれ、午後4時ごろ福島空港で終了を予定している。