須賀川市消防団防火パレード始まる

それぞれの管轄区域へ出発する団員たち

 須賀川市消防団(善方明夫団長)は3月7日まで、春季全国火災予防運動に合わせて市内全域の火災予防へ防火パレードを実施する。出発式が24日、団員ら約60人が出動して市役所光の広場で行われた。
 春は野火や林野火災などが発生しやすい季節で、市消防団は毎年、火災予防思想の一層の普及を図り、火災発生を防ぐために防火パレードを行っている。
 今年は同日も上小山田地内で田んぼ火災が発生するなど火事が多いことから、3月1日からの予定を前倒しして24日から3月7日まで特別警戒を行い、市内を定期的に巡回する。
 出発式で善方団長は「貴い人命を火災から守ることも我々の使命であります。今年は防火パレードを前倒しして実施しますが、各分団各般ともに巡回を徹底し災害予防と火災予防に努めてほしい」とあいさつした。
 第1分団を先頭にポンプ車が市役所駐車場を出発し、それぞれの管轄区域で火災予防を広報した。