農業委員会連合会の研修会

基調講演が行われた農業委員会連合研修会

 岩瀬地方農業委員会連合会(和田博文会長)の研修会は22日、グランシア須賀川で開かれた。
 担い手への農地の集積・集約、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進など、農地利用の最適化に向けた活動や農業情勢に対する理解を深め、持続可能な農業振興に資することが目的。
 須賀川市、岩瀬管内の農業委員、市町村農業委員会職員ら約70人が出席した。
 和田会長が「農業を取り巻く現状を踏まえ、今後の前向きな振興の参考にしていただきたいと思います」とあいさつした。
 基調講演には金子商店の金子真人代表取締役社長を迎え、「消費者が求めるおいしいお米とは~コメの品質・食味の向上をめざして~」と題し、プロジェクターに映し出しながら説明し、参加者らはメモを取るなど熱心に聴講した。
 懇親会が開かれ、農業振興に対し理解を深めるなど、交流を図りながら親ぼくを深めていた。