天栄中生徒がヤフー本社で村特産品PR

堂々と英語でのスピーチに挑む生徒たち

 天栄米をはじめとする村特産品のPR・販売イベントは21日、東京都のヤフー本社内レストラン「BASE11」で行われ、天栄中の大木文乃さん(2年)、黒澤優斗さん(同)、圓谷晃生さん(同)、廣瀬愛璃さん(1年)、村越俐亜さん(同)の5人が外国人社員らに英語で村産品の素晴らしさをアピールした。
 天栄米などの特産品はヤフーのショッピングサイトで好評を博しており、さらなるPRとして18日から22日まで5日間、同レストランの全メニューの米に「ゆうだい21」が使用された。
 21日は生産者や関係者らが同社を訪問し、天栄米の新ブランド「ゆうだい21」やヤーコン、日本酒などの村特産品を販売した。
 代表生徒らは「英語の村てんえい」の教育を実践しさらなる英語力の向上を図るため同行、外国人社員らを前に村の自然が育む農産物の魅力を英語で堂々とスピーチし、関心を引きつけた。
 また販売会では英語で積極的に話しかけ、学習の成果を発揮していた。
 同校と交流のある早稲田大国際教養学部の学生団体セカクルメンバーも応援に駆けつけ、生徒らにアドバイスを送っていた。