雛の笑顔に会えるまち審査結果

優秀賞を受賞したいちかわでんき

 須賀川市中心市街地を中心にする「第15回雛(ひいな)の笑顔に会えるまち」は3月3日まで66店・施設が参加して開催されているが、20日に参加店のおもてなしや展示の工夫などが審査され、優秀展示店にいちかわでんき(南町)、おおみや西川店(影沼町)、須賀川電器販売(東町)が選ばれた。表彰式は22日午後1時半から商工会館で開かれる。
 「雛の笑顔に会えるまち」は日本伝統の雛まつりに合わせて、各店が工夫を凝らした雛飾りを展示し、来店者を出迎えまちなかの回遊性向上を図るイベント。回を重ねるごとに市外からも多くの観光客が足を運び、案内チラシを手に各店を巡る姿が平日も見られる。

優秀賞を受賞したおおみや西川店

 審査会は委員長の市川一秋市文化振興課長補佐、矢内洋子須賀川法人会女性部会長、村井達也商工会議所青年部会長が約60店を巡った。
 各店ともにモモや菜の花など春の花々とともに工夫を凝らした雛飾りを展示し、観覧者たちも店員らの説明を聞きながら、ひと足早い雛まつりを楽しんでいる。
 イベントに合わせて雛ランチや雛カフェを提供している飲食店もあり、参加5店を巡りスタンプを集めると加盟店で利用できる商品券があたるスタンプラリーを実施している。
 なお、おおみや西川店は今回で4回目の優秀店に選ばれたため、7店目の「観覧推奨店」となった。

優秀賞を受賞した須賀川電器販売

 これまでの観覧推奨店には、花の店花安、マンマ鎌倉屋、割烹万松、久保木畳店、レイマ美容室、井桁屋本舗・麺処大黒亭が選ばれている。
 なお商工会議所女性部による「つるし飾り雛巡り」も13店で、市民交流センターtetteでは展示と体験コーナーを設けている。