23日大東小統合50周年式典

 大東小(高橋正男校長)の統合50周年記念式典は、23日午前10時40分から同校体育館で開かれる。
 同校は昭和44年4月に川東小と雨田小が統合され大東小となった。
 記念式典では全校生192人、来賓、保護者、関係者らが出席して節目の50周年を祝う。
 実行委員長の海老沼徹PTA会長、高橋校長らがあいさつし、来賓の橋本克也市長らが祝辞を述べ、児童代表の小野紫珠音さんがあいさつする。
 県指定重要無形民俗文化財の古寺山自奉楽保存会(熊谷留正会長)や児童たちによる「古寺山自奉楽」が披露され、節目の50周年を祝う。