17日自治都市須賀川の未来を考えるフォーラム

 須賀川市地域活性化フォーラム「自治都市須賀川の未来を考える」は、17日午後1時半から市民交流センターtette松明ホールで開かれ、基調講演とワークショップを予定している。
 福島大学地域創造支援センター主催、阿武隈時報社など後援で、福大創立70周年・市民交流センター開館記念事業。
 須賀川市と福島大学は昨年4月に相互協力協定を締結し、包括的な連携のもと相互の人的・知的資源及び研究成果などの交流を促進し、各分野において協力することで地域社会の発展と人材育成を推進している。
 今回の地域活性化フォーラムは同協定締結記念と今後のより一層の協力体制構築が目的。市が目指す「選ばれるまち須賀川」を実現するため、多くのコンテンツや地場産業などに着目し、老若男女を問わずあらゆる人が定住したくなるような須賀川を考える。
 基調講演は長野県立大学グローバルマネジメント学部教授でソーシャル・イノベーション創出センター長の大室悦賀さんが「人々の幸福に貢献できる”まち”」をテーマに開く。
 ワークショップは午後2時50分から岩井秀樹福大経済経営学類教授をファシリテーターに迎え、「20年後の須賀川市を考える」をテーマに、参加者がグループに分かれて話し合い、未来の須賀川ビジョンを言葉や絵などで表現し発表し合う。