「福」求めはたけんぼの豆まき大会500人

多くの来場者でにぎわったはたけんぼの豆まき大会

 JAあぐり夢みなみはたけんぼの「豆まき大会」は3日、イベント広場で開かれ、「福」を求めて約500人が集まった。
 ステキな賞品が当たるクジ付き福豆まきで、空クジななくお米(天のつぶ2㌔)や野菜セット、柑橘、青唐もろみ味噌、リンゴジュース、ポケットティッシュなどが贈られた。
 須賀川産の福豆を約700袋が用意、池田浩春常務理事「日頃のご愛顧に感謝します。今年1年が良い年になりますように無病息災を祈って、豆まきを楽しんでください」と述べ、渡辺勝代直売部会長が「健康管理をして安全安心の農作物を提供してまいりますので、よろしくお願いします」とあいさつした。
 初めにかみしもをつけた子どもたちが子ども向けの豆まきを行ったあと、一般向けの豆まきが行われた。
 来場者らを前に、池田常務理事や大槻一彦社長、渡辺部会長、年男・年女らが参加し「福は内」「福は内」の掛け声で福豆をまいた。
 来場者らが今年1年間の福を求め、手を広げ「こっち、こっち」と、我先にと福豆に飛びついていた。