スポーツ鬼ごっこ満喫

スポーツ鬼ごっこの練習を楽しむ子どもたち

 須賀川市スポーツ鬼ごっこ愛好会(廣田智会長)の市内初イベント「スポーツ鬼ごっこ大会&体験会」は2日、須賀川アリーナで行われ、多くの参加者がコート内を駆け巡った。
 市、市教委、阿武隈時報社などの後援。
 スポーツ鬼ごっこは横15㍍、縦25㍍ほどのコートを2チームの陣地に分け、選手各7人が互いのエリア内にある「宝」を敵に捕まらないように取ることで得点を狙う競技。
 チームワーク、脚力、体力、戦略を競う子どもから大人まで楽しめるスポーツとして注目を集めている。
 イベントは前半で体験会を行い、約40人の子どもたちがルールの説明や練習をしたあと、試合形式のゲームも行い、競技を楽しんだ。
 後半の大会はU―9の部(9歳以下)、総合の部それぞれ3チーム、計6チームが出場した。
 選手らはコミュニケーションを取りながらチームワークを発揮し、勝利を目指してコート内を走っていた。
 なお同愛好会は毎週金曜日午後7時から市内の体育館で活動しており、保育園児から大人まで随時参加を募っている。
 問い合わせは廣田会長(℡090―6459―5183)まで。
 成績は次の通り。
▽U―9の部①須賀川リトルJr.②チームつばめ③URTRiders▽総合の部①Enjoy tag!②スポ鬼ジャイアンツ③URTRidersPM