14日から須賀川の酒「銀牡丹」販売開始へ

 須賀川ふるさと創生倶楽部合同会社(渡邉達雄代表社員)謹製の、須賀川産純米吟醸酒「銀牡丹」は14日から産業会館内や市内小売店はじめ各店で販売スタートする。
 同日午前9時半から産業会館で完成発表会を開き、渡邉代表社員や仕込みを担当した松崎淳一松崎酒造店代表が今年の銀牡丹を紹介する。
 銀牡丹は有機農法にこだわる、市内稲のさとう農園(佐藤健一代表)が収穫した県酒造好適米「夢の香」を、天栄村の松崎酒造店が「うつくしま夢酵母」で仕込んだの。
 須賀川ふるさと創生倶楽部は東京銀座ミツバチプロジェクトと8年前から手がけ、飲食店で提供されるほか贈答品としても高い人気を博している。
 コメ本来のうまみと香りが口いっぱいに広がる、やや辛口の味わい。問い合わせは産業会館内の創生倶楽部事務局(℡72―1020)まで。