越久地内に市内初の観光いちご園

市内初の観光いちご園の説明を受ける橋本市長

 須賀川市越久字桜川、さくら農園(佐藤敦代表取締役)は31日、観光いちご園「StraberryParadise(ストロベリーパラダイス)」のオープニングレセプションが行われた。
 さくら農園は水耕栽培での野菜のミツバやコネギ(青ネギ)の管理や高設ベンチ栽培のイチゴ狩り、オリジナルスイーツ作り体験などができる農園。
 観光いちご園は市内初のイチゴ狩りができ、「紅ほっぺ」「ふくはる香」「かおり野」「アイベリー」「栃おとめ」「桃薫」「章姫」の7品種の食べ比べができる。
 初回入園は大人(小学生以上)が1980円(税抜き)、小学生未満・75歳以上は980円(税抜き)、2歳以下は無料。摘み取り持ち帰りイチゴは100㌘250円。
 会員特典は時間無制限のイチゴ狩りが楽しめる。
 また摘んできたイチゴでイチゴパフェやクレープ、パンケーキなどのオリジナルスイーツ作りの体験もできる。
 観光いちご園のグランドオープンは5日からで5月下旬まで営業、営業時間は午前10時から午後3時(最終受付2時)まで。のぼり旗が目印で駐車場完備。問い合わせは同農園(℡070―1140―1515)まで。