65歳以上の世帯などに住警器を取り付け

 須賀川地方広域消防組合(遠藤和夫消防長)は1月から住宅用火災警報器「取り付け支援サービス」を開始した。
 須賀川市、天栄村、鏡石町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町に居住する世帯のうち、65歳以上の人のみで構成する世帯もしくは身体の障がいなどで住警器の取り付けが困難である世帯を対象に、消防職員が訪問し無料で取り付ける。
 対象となる住警器は自らが購入した電池式のものに限り、取り付けの際は必ず立ち会う。
 申込書はホームセンターや各市町村の市民センターに設置し、同組合のホームページからダウンロードもできる。必要事項を記入し消防署に持参または郵送する。
 問い合わせは同組合(℡76―3111)まで。