7月7日は「特撮の日」に

 特撮文化推進事業実行委員会が目指していた、円谷英二監督の誕生日・7月7日が「特撮日」として記念日認定される。2月2日の特撮文化デーで登録証が授与される。
 同実行委員会が特撮を日本が誇るべき文化として確立し、後世に伝える貴重な財産として認識を広める目的で、須賀川出身で特撮の神様として世界中で認識されている円谷英二監督の誕生日を「特撮の日」として、一般社団法人日本記念日協会に申請していた。
 須賀川市をはじめ実行委員会では記念日認定を受けて、今年の7月7日に初めての記念日として関連イベントの実施など検討している。
 円谷英二監督は須賀川市中町出身。「ゴジラ」や「ウルトラマン」など今も世界中の子どもから大人まで人気が高い特撮作品を撮影し、後に“円谷組”と呼ばれる高い技術を持った後進の育成にも努めた。
 市民交流センターtette5階にある全国初の常設展「円谷英二ミュージアム」には、初代ゴジラを再現したアクタースーツをはじめ、メカ特撮や怪獣、関連資料などが多数展示され、連日全国各地から多くの特撮ファンが足しげく通っている。