公開プレゼンテーション、25日まで傍聴者募集

 須賀川市茶畑地区の日本たばこ産業旧東日本原料本部(JT跡地)進出企業に、大和ハウス工業(本社・大阪市)が名乗りを挙げているが、2次審査にあたる公開プレゼンテーションを28日午後2時から市役所で行う。
 須賀川市は傍聴希望者を25日午後5時まで募集している。会場では審査の妨げや他の傍聴者に迷惑をかけず、写真・ビデオ撮影、録音は出来ない。市商工労政課まで電話(88―9178)、FAX(72―9845)、電子メール(chabatake@city.sukagawa.fukushima.jp)に氏名や所属、連絡先など必要事項を明記して申し込む。
 2次審査を経てJT跡地進出企業が正式に決まった場合は、市と企業が土地取得契約を締結し、3月議会の承認を経て事業スタートを目指す。
 決定企業は最低価格13億2000万円以上で市から取得し、1年以内に整備に必要な関係機関との協議を開始し、3年以内に提案する事業計画を実行する。最速で2021年春頃にはJT跡地に新たな企業・工場が進出する見込みとなる。