30日に市中学生模擬議会

 須賀川市は昨年に引き続き、新議場では2度目となる「中学生による模擬議会」を30日に開会する。市内全中学校の代表24人が出席し、代表10人が空き家対策やボランティアなど市政各般について質す。
 市、須賀川市教委、市校長会主催。議事は佐藤暸二市議会議長が進行する。
 生徒たちに議会や政治の仕組みについて体験学習を通して理解を深めてもらうとともに、子どもたちの意見や提言を今後の市政運営の参考にすることが目的。
 今年は各中学校の生徒会役員を務める1、2年生が代表を務め、各校生徒会長が代表で橋本克也市長ら市当局と質疑応答を交わす。
 それぞれのテーマについて再質問を含めて2つ程度の意見交換を予定している。当日は午後1時50分から模擬議会議員と市当局出席者の紹介をし、午後2時から開会する。
 各校代表生徒、質問事項は次の通り。掲載は質問順(◎は質問者)。
▽須賀川一=◎杉山匠磨(2年、生徒会長)後藤悠哉(2年、生徒会計)三浦博翔(1年、生徒会副会長)=「空き家の現状と市としての対策等について」▽須賀川二=◎小川巧真(2年、生徒会長)荒川愛実(2年、生徒会事務局長)山﨑雄登(1年、生徒会副会長)=「ボランティア現状と、ボランティアの募集等について」▽須賀川三=◎小林和花菜(2年、生徒会長)舘脇さくら(2年、生徒会副会長)戸梶璃音(1年、同)=「特別教室へのエアコン設置状況と今後の計画等について」▽西袋=◎田中佑樹(2年、生徒会長)矢吹淳哉(2年、生徒会会計)海老原和奏(1年、生徒会副会長)=「特産品のPRや風評被害払しょくに向けた取り組み等について」▽小中一貫教育校稲田学園=◎大賀遥斗(8年、児童生徒会長)添田歩夢(8年、児童生徒会庶務)=「(tette中央図書館)従来の図書館との違いや特徴について」▽小塩江=◎佐久間康平(2年、生徒会長)滝田和佳(2年、生徒会副会長)=「(太陽光エネルギー)須賀川市での普及率と今後の目標について」▽仁井田=◎大槻勇太(2年、生徒会長)鈴木美優(1年、生徒会副会長)=「須賀川市でも少子化対策について」▽大東=◎溝井菜月(2年、生徒会長)三村珀斗(2年、生徒会副会長)=「最近建設された商業施設や今後のまちづくりについて」▽長沼=◎木村康佑(2年、生徒会長)深谷朋花(2年、生徒会書記長)=「下水施設の普及率と生活排水の対策について」▽岩瀬=◎渡辺智(2年、生徒会長)田邊美咲(2年、生徒会副会長)=「須賀川市のPRとウルトラマン等の使用について」