東京五輪デイカウンターに山下さんの作品

壇上でポスター原画を説明する山下さん

 県オリンピック・パラリンピック推進室の「東京2020オリンピック・パラリンピックへGO GO GO!」は16日、郡山市の赤木小で開かれ、ポスター原画制作に須賀川高の山下翔子さん(2年)らが関わった大会開幕までの「デイカウンター」がお披露目された。
 来年に迫った大会への機運醸成を目的に、開幕555日を記念して実施した。
 デイカウンターのポスター原画は県内のオリンピック・パラリンピック教育推進校の須賀川高、あさか開成高、橘高の生徒らが作品を寄せ、各校1作品が選ばれた。
 山下さんの作品は聖火リレーのランナーを描いたもので、背景に五輪のカラーで模様を付け、楽しげな雰囲気や期待感を表現した。
 デイカウンターは設置する駅によってポスターのデザインが異なり、山下さんのデザインは新白河駅東口改札付近と会津若松駅みどりの窓口付近に設置された。期間はパラリンピック閉幕の2020年9月6日まで。
 イベントは内堀雅雄県知事があいさつし、大会組織委員会スポーツディレクターの室伏広治さんが来賓代表あいさつ、作品を制作した山下さんらが作品に込めた思いなどを説明し、デイカウンターを除幕した。