「まちに夢を飾ろう」優秀作品18点展示

子どもたちの作品が展示されたスロープ

 須賀川一・二・三小の子どもたちが描いた「まちに夢を飾ろう」コンクール優秀賞受賞作品が11日から市民交流センター屋内遊び場「わいわいパーク」脇の2階から3階に続く通路に展示されている。
 屋内で遊ぶ子どもたちを見守る保護者や中空のネット遊具利用のために移動で使うスロープ部分の壁面に作品18点が並ぶ。
 現在は平成28年から30年まで(第9回~第11回)のコンクールで優秀賞を受賞した作品を掲示しており、第1回から第8回までの入賞作品は定期的に実施する展示替えで公表していく。
 「まちに夢を飾ろう」は須賀川まちづくり推進協議会が、須賀川の未来である子どもたちから「須賀川で見つけた大好きなこと・もの」をテーマに作品を募集したもので、東日本大震災前はまちなかの土蔵脇に、震災後は中町の地域交流館ボタンに優秀賞受賞作品を展示してきた。今後は市民交流センターのわいわいパークに展示していく。
 今回展示されている第9回から第11回優秀賞作品は次の通り。学年は受賞当時のもの。
▽第9回=佐藤翠音(須賀川一小1年)増子大翔、芳賀俊哉、安田琉土(同2年)志賀琥士郎(同3年)小野菜々子(須賀川二小2年)▽第10回=小林世也、設楽悠真、壁谷大(須賀川一小2年)秋山北透(同3年)小野菜々子(須賀川二小3年)大槻凌平(須賀川三小2年)▽第11回=渡邊咲希(須賀川一小1年)立石芽衣(同2年)壁谷大(同3年)佐藤旻(須賀川二小2年)山岸友芽、鈴木眞寧(同3年)