スノーシュー体験で募集

桧原湖の上から磐梯山を眺めることができる

 雪景色の裏磐梯を散策する須賀川市スポーツ振興協会の「冬のスノーシュー体験」は27日に行われるが、18日まで参加者を募集している。
 「西洋かんじき」とも呼ばれるスノーシューは雪上を歩くための道具で、初心者でも簡単に楽しむことができる。
 コースは北塩原村の休暇村を出発し、動物の足跡などを見つけながら森を抜け、凍った桧原湖上などを散策する約2㌔ほどのコース。急なアップダウンもなく、湖上からは雪化粧の磐梯山を眺めることもできる。
 当日は午前7時に須賀川アリーナに集合しバスで移動、午前9時から約2時間程度、はれがさやガイド本舗もくもく自然塾の講師に従い散策する。昼食後、午後3時半頃に須賀川アリーナに戻る。
 対象は市内在住・在勤・在学の小学生以上で体力に自信がある人(小学生は保護者同伴)。参加費は小学生3000円、中学生以上3500円(バス代、保険代、スノーシューレンタル代、昼食代を含む)。
 問い合わせは須賀川アリーナ内の事務局(℡76―8111)まで。