11日からウルトラFM放送

無線局免許状を受ける安田社長(右)

 まちづくり会社こぷろ須賀川(安田喜好社長)は8日、ウルトラFM開局に向けて総務省東北総合通信局から無線局免許状が交付された。仙台第2合同庁舎で安田社長が林義也総務省東北総合通信局放送部長から受けた。
 ウルトラFM(86・8メガヘルツ)は須賀川発のコミュニティラジオ放送で、市民交流センターtette4階スタジオから11日午前8時に放送開始する。
 先月20日から音楽のみの試験放送を続けてきたが、11日は第一声を橋本克也市長が務め、13日まで市民交流センターオープニングイベントや施設紹介、須賀川ゆかりの有名人から寄せられたお祝いメッセージなどを特別放送する。
 朝・昼・夕方の生ワイド放送を中心とした通常放送は14日からスタートを予定している。なお、パーソナリティや企画など詳しくはこぷろ須賀川ホームページまで。