第3次地域福祉計画案パブリックコメント

 須賀川市は来年度から5カ年計画で進める第3次地域福祉計画の策定に向け、8日から24日まで、計画案に対するパブリックコメント(意見公募)で広く市民から募集する。
 同計画は地域の特性や実情を踏まえながら、多くの市民や団体が主体的に福祉活動に取り組み、ともに支え合い助け合う地域社会を基盤とした地域福祉を総合的かつ計画的に進めることが目的。
 少子高齢化や核家族の進行、人口減少、地域のつながりの希薄化などの社会情勢が大きく変化し、今までの制度内では解決が困難な課題が顕著となっている。
 それらの複合化・複雑化した課題を解決するために、高齢者を対象とした地域包括ケアシステムを全世代・全対象型に拡大し、各制度の相談支援機能が連携することによる包括的相談支援体制を構築、地域の課題を「我が事」と考え、課題解決に向け地域住民が主体的に解決することができる仕組みを構築することが計画案の柱となっている。
 これまで市民意識アンケート調査や、全公民館で地域支え合い推進会議を実施するなど、計画案に地域の実情や声を反映させてきた。
 パブリックコメントは市民の声を計画に反映させる最後の機会となるため、広く参加を呼びかけている。
 計画は2月に第4回委員会で最終的な計画を審議し、3月末までに完成させる。
 計画案は市役所の社会福祉課、各公民館、長沼・岩瀬市民サービスセンター、コミュニティプラザ、市のホームページで8日から閲覧でき、意見提出様式に意見を記載して提出できる。