純米吟醸原酒生「あかし田」完成を報告

市長に「あかし田」完成を報告する部員たち

 JA夢みなみ青年連盟仁井田支部(森合良知支部長)は27日、橋本克也市長に純米吟醸原酒生「あかし田」の完成を報告し、1・8㍑3本を贈呈した。
 同仁井田支部は、仁井田産の「コシヒカリ」「美山錦」を原料に、郡山市の笹の川酒造に委託し、今年で20年目を迎えた。
 今年は1・8㍑が1100本、720㍉㍑が720本醸造した。
 報告には増子晃副支部長、JA仁井田支店の松川耕太さんの2人が市役所を訪れ、「まろやかで、香り高いお酒が出来ました」と報告。橋本市長は「手に入りにくい酒、幻の酒として楽しみです」と語った。
 純米吟醸原酒生「あかし田」は人気商品で1・8㍑が3000円、720㍉㍑が1500円。贈答などの利用に呼びかけている。
 問い合わせは仁井田支店(℡78―2324)まで。