「あかし田」20周年記念の試飲会

JA青年連盟仁井田支部の「あかし田」が完成

 JA夢みなみ青年連盟仁井田支部(森合良知支部長)の平成30年度「あかし田」20周年記念試飲会は21日、会員35人が出席しグランシア須賀川で開かれた。
 仁井田産の「コシヒカリ」「美山錦」を、会員52人の生産者らが1人1俵出し合い、郡山市の笹の川酒造に委託醸造し、今年で節目の20年目を迎えた。
 森合支部長は「あかし田が出来上がりました。今後PRし多くの人に飲んでいただきたいと思います。完成を祝い、味わって飲んでください」とあいさつした。
 山口恭司笹の川酒造代表取締役専務、石堂伸二市産業部長らが祝辞を述べた。
 「あかし田」の文字を書いた増子一平玄粒書道会代表が乾杯の音頭をとり、新酒をたん能し合った。
 杜氏の山口敏子笹の川酒造常務が出来栄えなどを説明した。
 会員らは「とても美味しい」「まろやかで何杯も飲めそう」など、仕上がりに喜んでいた。
 「あかし田」は米と米こうじが原料で、価格は1・8㍑が3000円、720㍉㍑が1500円。贈答などの利用を呼びかけている。
 問い合わせはJA仁井田支店(℡78―2324)まで。