第4次地域情報化計画に向け5項目の提言

橋本市長に提言書を手渡す岩井会長

 須賀川市地域IT懇話会(岩井俊哉会長)は19日、第4次市地域情報化計画改定にあたり、5項目の提言書を橋本克也市長に提出した。
 現在の第3次計画が期間満了になるため、第8次総合計画との連動を図り、年々高度・高速化する情報社会に対応するため第4次計画を策定する。
 5月から地域IT懇話会を開いて協議を重ね、市長提言を経て、市政経営会議、パブリックコメントの実施、市議会総務常任委員会などを経て、来年3月の計画改定を目指す。
 市長提言は市民が必要とする情報を平常時から非常時まで安定的に提供し、全ての利用者が経済的・地域的・身体的ハンディキャップを感じることなく安心・安全にサービスを利用し、恩恵を受けられるよう努めるなど5項目を留意して積極的に推進するよう求めた。
 市長提言には岩井会長、武城文明副会長が出席し、橋本市長は「ご提言ありがとうございます。より住みよいまちづくりを推進してまいります」とあいさつした。