全国大会に出場の3校が成績報告

マーチング、合奏の全国大会出場を報告する児童たち

 マーチングバンドや日本学校合奏コンクールで全国大会に出場し優秀な成績を収めた須賀川一小、西袋一小、白方小の児童と教頭ら16人は17日、市役所で橋本克也市長に成績を報告した。
 各部長たちが「全員心一つに楽しく自信をもって演奏できました」「小学校最後の思い出になりました」「応援してくれた人たちのおかげで良い結果が出せました」と喜びを語った
 橋本市長は「初めて楽器を触ってから数年でこれだけの結果を出せたのはすごいことです。皆さんの活躍は市民に元気を与えています。これからも勉強や各種活動にも一生懸命を続けてください」と激励した。
 訪問児童は次の通り。
▽須一小特設マーチング部=鴫原蒼依部長(6年)、圓谷暖副部長(同)▽西袋一小特設合奏部=成田爽良部長(6年)、添田夢渚(同)▽白方小特設合奏部=矢部理央部長(6年)、木船瑛太(同)