須賀川市老人クラブ連合会カラオケ大会

95歳で見事な歌声を披露する出演者

 須賀川市老人クラブ連合会(金子定雄会長)の第14回須賀川市高齢者カラオケ大会は11日、約200人が参加して市民温泉で開かれた。
 桑葉勉副会長があいさつし、全員による「北国の春」で発声練習し、「哀愁の木曽路」で始まった。「火の舞」「哀愁北岬」「祝いしぐれ」「しぐれの港」「お岩木山」「愛をありがとう「ホーリーナイト」など約60演目がエントリー、見事な歌声を披露し、会場からは大きな拍手が送られていた。
 また出演者や応援者に抽選で花がプレゼントされた。