斎藤健治県議が勇退へ

 鏡石町の斎藤健治県議(74)は来年11月19日の任期満了で勇退する意志を示した。阿武隈時報社の取材に対し、「任期満了までしっかり役目を務める。後継についての考えはない」と答えた。
 34歳で鏡石町議となり、議長も務めた。県議は5回当選し、自民党県連政務調査会長や議長などを歴任した。
 県議として東日本大震災の原発事故から脱原発に転じ、県内10基の廃炉を主張してきた。