初めての工業団地会懇談会

市内4工業団地が一堂に会した懇談会

 須賀川市内4工業団地が一堂に会した初めての「工業団地会合同懇談会」は7日、約30人が出席してホテルサンルート須賀川で開かれ、企業からも「選ばれるまち」を掲げる市の各種補助支援策などについて情報提供があった。
 市内のTRG(テクニカルリサーチガーデン)工業団地会、横山工業団地共栄会、北部地域工業団地北栄会、協同組合須賀川卸センターの4工業団地が集まるのは今回が初めて。それぞれの進出企業の紹介や情報交換、新たなネットワーク作りなどを通してビジネスチャンスの創出を目指すことがねらい。
 石堂伸二市産業部長は「市は4月から新たなまちづくりビジョン2018をスタートし、『選ばれるまち 須賀川』を目指して各種事業を展開しています。新たな企業はもちろんのこと、今ある企業の皆さんにこれからも選び続けていただける須賀川へ、既存企業の育成や支援、各種補助事業など展開してまいります」とあいさつした。
 各工業団地会の紹介や市からの各種情報提供を行い、商業振興策や支援事業などについて意見交換した。終了後はホテル内の和可松に移動して懇親会を開いた。