県アンサンブルコン、須一中など県大会へ

息のあった演奏を披露する出場者たち

 第46回県アンサンブルコンテスト県南支部大会は7日から9日まで、須賀川市文化センターで開かれ、須賀川・岩瀬勢では須賀川一中、須賀川桐陽の2校3組が県大会出場を決めた。
 県吹奏楽連盟、同連盟県南支部など主催。審査員はサクソフォン奏者の小串俊寿東京音楽大教授、ファゴット奏者の鹿野智子さん、打楽器奏者の高田亮さんら5人が務めた。
 小学生の部10組、中学校の部96組、高校の部51組、一般の部5組が出演し、須賀川・岩瀬勢では須賀川一中打楽器三重奏、須賀川桐陽金管八重奏、同サクソフォン四重奏が県大会出場する。
 県大会は1月19、20の両日、いわき市の芸術文化交流館で開かれる。
 須賀川・岩瀬地方の成績は次の通り。
◇中学生の部▽金賞(県出場)=須一打楽器三重奏▽金賞=須一金管八重奏、須二クラリネット五重奏▽銀賞=天栄管打八重奏、鏡石金管八重奏、同打楽器四重奏、須二木管三重奏、西袋クラリネット四重奏、須一木管八重奏、大東木管八重奏、同打楽器六重奏、稲田管打七重奏、須三木管五重奏▽銅賞=大東金管八重奏、西袋サクソフォン三重奏、須三金管八重奏、同打楽器三重奏、天栄管打五重奏、須二金管八重奏、鏡石クラリネット四重奏
◇高校の部▽金賞(県出場)=須賀川桐陽金管八重奏、同サクソフォン四重奏▽銀賞=清陵情報打楽器三重奏、同サクソフォン五重奏、須賀川高金管五重奏▽銅賞=須賀川高打楽器三重奏、同木管六重奏、岩瀬農業管打六重奏、同管打四重奏、清陵情報木管五重奏