各宗平和会の歳末たすけあい托鉢

松明通りで托鉢をする僧侶たち

 須賀川市内各宗派の僧侶が集う須賀川市各宗平和会は6日、松明通り沿いを中心に今年も歳末たすけあい托鉢を行った。集まった浄財8万3927円は市社会福祉協議会を通して歳末たすけあい義援金に寄付された。
 毎年12月に実施しているもので、今年は僧侶ら9人が参加した。
 長松院を出発した一行は松明通りの歩道両側に分かれ、小雨交じりのあいにくの天候だったが、読経や太鼓を鳴らしながら歩き、市民らが善意の浄財を寄せて静かに合唱を交わしていた。