8日に円谷ミュージアム披露会

 来年1月11日にオープンする須賀川市民交流センターtette(てって)5階の円谷英二ミュージアムがほぼ完成し、8日午後2時から関係者への完成披露会を開く。
 橋本克也市長、佐藤暸二市議会議長、関係者・企業ら約20人が参加を予定している。
 ミュージアムは須賀川出身で今も特撮の神様として世界中から支持される円谷英二監督の偉業を顕彰する全国初の常設展としてオープンする。
 初代ゴジラを再現した全高2㍍超のアクタースーツ、監督最終作「日本大海戦」や今年150人の市民エキストラが参加して撮影した特別作品「ゴジラ 須賀川に現わる」の撮影スタジオ再現コーナー、監督の生涯を紹介するブースなど多彩な展示がそろう。
 特に子どもたちへ学びの大切さ、困難に挑戦する素晴らしさを伝え、次世代に生きる人々に大きな夢を与える施設としての活用が期待される。
 なお8日はオープン前の披露会であり、市民や一般来場者向けの初お披露目は来年1月11日となる。